News  

【Link MachiNs代表 岩館愛子 様】元気がないと病院にいけない等の地域の課題を現場でサポート「地域保健室」

2023/01/16

相談事例

 

Link MachiNs代表 岩館愛子 様
事業内容「地域保健室」
元気がないと病院にいけない等の地域の課題を現場でサポート

 

看護師としてキャリアを積んできた岩館さん。

最初にらづビズに相談に来られた2021年5月当時にはフリーランスとして医療に関わっていました。

看護の力で地域福祉を充実する事業をやりたいが、何から手をつけていいか、、との相談でした。

岩館さんのお話を過去に遡ってお聞きしていきました。

様々な経歴からも何か地域のためにと思う情熱が感じられ、逆にそれが周りからわかりにくくなっていることも事実でした。

 

先ずはご自身のポジショニングを明確にすることから始め、何を考えてる人なのか、何をしたい人なのか、個人の立ち位置を関連する人たちにわかりやすくしていきました。

これは事業をやる上でどんな業界においても重要で、ここから修正や改善が始まります。

 

「まちの保健室」として他の事業者と被らない、利用者が不便に思っていること、現時点でできること、その先につながること、将来の組織化を見据えたニーズのボリュームの把握、など現実と予測を毎回すり合わせながら都度打ち合わせをしていた記憶があります。

 

約一年半後の2022年11月には国連でスピーチするまでになったのには驚きましたが、その後もまちの保健室の活動の広がりとして災害時の救護部門を担当するなど地域課題の解決に情熱を注ぎご活躍です。

 

国連スピーチを行った岩舘愛子さん(左)

国連スピーチの様子

 

(執筆者:らづ-Bizプロジェクトマネージャー 前田正浩)

News一覧に戻る

木更津市産業・創業支援センター らづ-Biz

〒292-0838

千葉県木更津市潮浜1-17-59 木更津商工会館1階

TEL.0438-53-7100 FAX.0438-53-7101

相談予約・お問い合わせ

ご利用時間 月曜日~金曜日 午前9時~午後5時

休業日 土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始